【FPGA/HDL】ZYBOで遊ぼう日記 – FPGAとARMを融合させたZynqで遊ぶ。HLSやMicroblazeも

投稿日:2019年5月28日
最終更新日:2019年8月18日

Xilinx社製のARM内蔵FPGA・Zynqを搭載したZYBOボードで遊ぶ日記。まだLチカくらいしかやってないけど。今後はMicroblazeやARMも使って、ファームウェアの勉強も兼ねて遊んでいきたい。記事の上に行くほど新しい内容になっています。

 

Vivado HLS 高位合成体験記(2019)

Xilinx社のVivado HLSというツールで高位合成にチャレンジする日記(継続中)。具体的にはC++からVerilogのコードを生成し、生成したVerilogのコードをZyboのPLブロックに組み込んで、LEDを点滅させてみる

 

Microblaze MCSを使ってLチカ(2019)

小規模ソフトコアプロセッサであるMicroblaze MCSを使い、ソフトウェアを使いつつLチカさせてみる日記。MicroblazeはPLブロックのロジックで構成されているため、PSブロックは使用しない。Microblazeに関してはZynq以外のCPUを搭載していないXilinx FPGAでも使用可能。

 

FPGAのロジックブロック(PL)だけを使ってLチカ(2016)

まずは小手調べで、ARMのプロセッサを含むブロック(PS)は使わず、FPGAのロジックブロック(PL)だけを使ってLチカさせてみた。

最終的にこんな感じになった↓

1+

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください