【旅行】コロンボぶらり街歩きと地元定食屋のカレー(2017 スリランカひとり旅4日目その1)

投稿日:2018年5月25日
最終更新日:2019年6月16日

コロンボの街をぶらり

2017年7月19日。この日でスリランカ旅行は終わり。午後からガイドをお願いして、そのまま空港へ行く計画。午前は暇だったのでコロンボの街をぶらつくことにした。何となく海が見たくなったので、海の方面を目指して適当に歩く。

途中、「今日は近くでお祭りやってるから行かないか?ちょうどあそこに知り合いのトゥクトゥクが止まっているよ」というアジア圏にありがちな勧誘を2回受けた。やはり東洋人が1人で歩いてたら目立つのかも。面白かったのが、二人とも「俺はシェフだ。あそこのホテルで働いている」と、近くの適当な高級ホテルを指さしていたこと笑リゾートホテルがたくさんあるので、決まり文句になっているのかな。

 

ラッカディブ海の海岸線に到着

適当にかわしつつ歩き続けると、海が見えてきた。危ないから線路に入らないで!的なことが書いてあるけど、みんなドンドンをまたいでいくし、普通に線路上を歩いている人もいる。

線路をたどっていくとビーチ?に到着。ゴミなども落ちておらず、とてもきれいだ。この海はインド洋?それともアラビア海になるのか?と思っていたが、後で地図で調べたらラッカディブ海という海らしい。

しばらく海を見つめてのんびりした後、まだ少し時間があったのでコロンボ国立博物館に行くことにする。

 

コロンボ国立博物館へ

ちゃんとメーターがあるトゥクトゥクを選んで捕まえ、博物館を目指す。陽気なドライバーさんで、色々とおしゃべりしてくれて面白かった。(英語の訛りが少し強くて聞き取れない部分があったが……)

こちらがコロンボ国立博物館。立派な建物だ。

立派な木もある。ガジュマルだろうか?

入場料は600ルピー(400円強くらい)。カメラの持ち込みにはお金が必要のようだ。でもスマートフォンは特に申請なく、みんな持ち込んでいた。撮影してる人もいたけど特に注意もされていなかった。結構ゆるゆるっぽい。展示ではスリランカの歴史や民族、出土した石像などがあり、なかなか面白かった。庭には、ウィリアム・グレゴリーというイギリスから来た総督の石像。博物館の建物をつくった人らしい。

 

地元の定食屋でまたカレー

博物館見学を終え、ボチボチお昼の時間だったので、ホテルに戻る前に食事をとることに。地球の歩き方に載っていた「RAHEEMA HOTEL」という地元の定食屋が近くにあったので、こちらで食べることにした。

観光客も行くローカルレストラン、みたいな説明があったけど、行ったときは観光客はおらず地元の人ばかり。

特にメニューなども無く、「何食べる?」と聞かれたので、マトンカレーを頼む。たしか300ルピーくらいだった。待ってたらすぐに運ばれてきた。カレーと一緒に薬味のようなものも運んできてくれる。なんともワイルドな見た目(笑)

地元の人はみんな手で食べていたので「よ~し俺も手で……」と意気込んでいたが、気を効かせてスプーンを持ってきてくれた。好意を無駄にするのも何となく悪いので、ここは素直にスプーンで食べる。ちなみにカレーはかなり辛い。汗が噴き出してきたので、思わずスプライトを追加で注文した。

ぼちぼち時間になったので、ホテルに戻る。ここからガイドさんと合流し、コロンボ市内の観光スポットをめぐっていく。続きは次回。

 

スリランカ旅行記

1日目:初めてのビジネスクラスでスリランカ入国

2日目その1:スリランカドライブ。ダンブッラの黄金寺院への道

2日目その2:ダンブッラの黄金寺院は、その名にたがわずピッカピカ

2日目その3:天空の王宮・シーギリヤロック登頂

3日目前編:世界遺産都市・キャンディまでの道のり&ペラデニヤ植物園

3日目後編:世界遺産都市・キャンディは歴史的建造物の宝庫

4日目その1:コロンボぶらり街歩きと地元定食屋のカレー

4日目その2:コロンボ市内寺院巡り

4日目その3:コロンボ市内は異文化建造物のるつぼ!市場もにぎやか(最終回)

 

0

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください