【旅行】ESTAの更新 or 有効期限延長はできるのか? 新たに取得し直す時のオススメの方法

投稿日:2019年3月9日
最終更新日:2019年3月9日

「ESTAが切れますよ」と警告メールが来た

ある日、見慣れないアドレスからメールが届く。タイトルは「ESTA Expiration Warning」。文面は以下の通り。「30日以内にESTAが切れますよ」というお知らせ。

ATTENTION! The travel authorization submitted on ***** *, 2017 via ESTA will expire within the next 30 days. It is not possible to extend or renew a current ESTA travel authorization. You will need to apply for a new ESTA travel authorization. Please reapply at https://esta.cbp.dhs.gov if travel to the United States is intended in the near future. If there are 30 or more days left on the old authorization you will receive a warning message during the application and be asked if you wish to proceed.

E-mail Security: If you are concerned about clicking the above link, ESTA can be accessed by typing https://esta.cbp.dhs.gov in the address bar of your browser.

そういえばアメリカに行ったのはちょうど2年前。ESTAの有効期限は2年なので、期限切れの時期が迫っていたのだった。

 

ESTAの更新 or 有効期限延長はできるのか?

上のメールを訳せばわかるが、

It is not possible to extend or renew a current ESTA travel authorization.

– ESTAの旅行権限を延長したり、更新することはできません。

You will need to apply for a new ESTA travel authorization.

– 新しいESTAの旅行権限の申請が必要になります。

と書いてあるとおり、発行済みESTAの有効期限の延長や、更新はできない。ググってもやはり延長する方法は無いようだ。ということで新しくESTAを取得する必要がある。

 

ESTAを取り直すときにオススメの方法

新規に申請する場合は、アメリカのHomeland Security(国土安全保障省)のWebサイトhttps://esta.cbp.dhs.govから申請を行うが、住所やパスポート番号などを全て英語でタイプし直す必要があり、なかなか面倒くさい。

そこでオススメなのは、すでに登録済みのESTAの申請内容を表示して、変更が無い部分はコピペしてしまうこと。すでに取得しているESTAの申請内容の表示は、以下のページで紹介している。コピペしてしまえば時間短縮にもなるし、タイプミスもしづらくて正確性もあがる。

【旅行】ESTA申請内容の確認方法 – 申請番号を忘れた!という場合も問題なし

過去の申請内容を検索した後に「確認する」を押せば、以下の画像のように、過去に入力した情報が出てくる。

あとは変更が無い内容について、新しい申請を行うときにコピペすればOK。ただし、住所や職場など、記入内容がガラッと変わった場合には、コピペするより最初から手で打った方が速いかも。

0

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください