【旅行】始まったマチュピチュとウユニへの旅。メキシコを乗り継ぎペルー到着(2017-2018 中南米ひとり旅1日目 ペルー編)

投稿日:2018年9月1日
最終更新日:2019年6月16日

クリスマスに南米へ向けて出発

2017年12月24日。街はクリスマスシーズンで色めき立ちつつ、寒さが厳しくなってきたこの頃、南米と中米に旅立つ。お目当てはペルーのマチュピチュ、ボリビアのウユニ塩湖、メキシコのティオティワカン遺跡。10日間でこれらを巡るのは、かなりのハードスケジュールだが、なかなか行く機会も無いので思い切って突撃することにした。

マチュピチュとウユニ塩湖は、自力で全て手配するのはかなりハードルが高いので、現地のツアー会社を手配した。利用したのはオンリーワントラベルという中南米専門の旅行会社。

https://onlyone.travel/

小さなベンチャー的な会社のようだったけど、メールのレスポンスは早いし、対応も丁寧で良かった。

 

KALのラウンジで旅立ちの一杯

成田からアエロメヒコというメキシコの航空会社の飛行機に乗り、メキシコシティで乗り換えてペルーまで行く。最初の目的地はマチュピチュ。到着まではかなりの時間を要するため、体力勝負になりそう。さっそく士気を高めるべく、ラウンジへ。もちろんチケットはエコノミーだが、KAL(大韓航空)のラウンジはPriority passがあれば大韓航空を利用しなくても入れる。

Priority passは楽天カードのプレミアム会員特典で手に入れた。というより、Priority passがお目当てで会員になった。奥まった場所にあるので、少しわかりにくい。

ラウンジではおにぎりやスナック、カップ麺などがあり、飲み物は生ビールサーバーとワインなどが置いてあった。ネットではKALのラウンジはショボいと言われることもあるが、これだけあれば十分かな。おにぎりを食べつつ、ビールを飲んでダラダラする。

 

飛行機の中でも旅立ちの一杯

しばらくして、アエロメヒコの飛行機に搭乗。飛行機に搭乗。メキシコの航空会社なので、飲み物にコロナビールがあった。缶で飲むのは初めてかも。ライムが無くても美味しい。

機内で配信されている映画は最新作もあり、サービスも悪くなくて快適だった。機内食の味もそこそこ。

 

アエロメヒコのラウンジは広くて快適

太平洋横断の長いフライトを終え、メキシコシティに到着。ここでもプライオリティパスを使い、アエロメヒコのラウンジへ。中はかなり広く、カウンターでカクテルなども頼める。

生ビールも良いなぁと思ったけど、珍しい瓶のお酒がいくつかあったので、そちらをチョイス。アエロメヒコのラウンジは広くて清潔で、とても居心地が良かった。

そしてまた飛行機へ。メキシコシティからペルーのリマへ向かう。

 

ペルーのリマはクリスマスムード

長い空の旅を終えて、やっとリマへ到着。クリスマスシーズンのため、空港も華やか。

旅行会社が用意してくれていた、現地のドライバーと合流してホテルへ行き、長かった移動は終了。なかなか立派なホテルだったが、もう深夜で日付も変わっていたため泊まって寝るだけ。

チェックイン後、ペルーでよく飲まれている、インカコーラを飲んでみた。甘みは強いがキレが良く、普通に美味しい。

アルパカ模様の金貨を模したチョコレートも、サービスでもらえた。疲れた体にチョコレートの甘さが染みる。

明日は朝起きたらまた飛行機に乗り、歴史的な建造物が多いクスコに行って観光した後、マチュピチュ村に向かう。

 

ペルー旅行記

1日目:始まったマチュピチュとウユニへの旅。メキシコを乗り継ぎペルー到着

2日目前半:ペルーのクスコでアルパカと遭遇!スペイン統治時代の建造物も美しい

2日目後半:マチュピチュへの道、始まりの街オリャンタイタンボを歩く

3日目前半:マチュピチュ村を出発、ワイナピチュ登山に挑戦

3日目後半:ついに到着したマチュピチュを歩きつくす。そして夕食はテンジクネズミ!

0

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください