【雑記】横浜イングリッシュガーデンに行ってきた。カフェにはガーデニンググッズも

投稿日:2020年8月5日
最終更新日:2020年8月5日

横浜イングリッシュガーデンへ

先日の7月の4連休。本来は東京オリンピックの開会式のために設けられた4連休だが、東京で外出自粛要請が出たこともあり、まだまだ自粛ムード。遠出はできないが、ずっと家にいるのも息が詰まるので、妻と横浜のイングリッシュガーデンに行ってきた。

横浜駅から相鉄線で二駅の西横浜駅から歩いてすぐの場所に、横浜イングリッシュガーデンはある。となりにはtvkハウジングプラザという巨大な住宅展示場。このご時世でお客さんも少ないようで、物件からかなり遠くを歩いていても各住宅メーカーの社員さんから「こんにちはー!ご見学いかがですかー!?」と声をかけられる。これはいかんと思い足早にイングリッシュガーデンを目指す…笑

素敵なたたずまいの入り口。こちらがイングリッシュガーデン。入口の前にも綺麗に手入れされた植木やお花が飾ってあり、入場前からワクワクさせてくれる。

 

入り口で出迎えてくれるのは…トウガラシ!?

入園料は大人500円。

手の消毒と体温チェックを済ませて入園すると、一面に生い茂った植物!最近は登山や旅行にも行ってなかったので、たくさんの植物に囲まれる環境は久しぶりかも。開園後まもなく行ったこともあり、人も少なくて一安心。夏ということで入り口には蚊取り線香も置かれていた。

ここで一点だけ注意。この季節に行くなら虫よけスプレーをかけていった方が良い。緑が多いだけあって珍しい蝶や虫なども見られるが、もちろん蚊もいる。私は虫よけスプレーしていったが、サンダルを履いていたためスプレーし忘れていた足の甲を刺されてしまった…。

入口の近くには色とりどりの…トウガラシ!?イングリッシュガーデンという名前からするとちょっと意外な植物だったが、つかみのインパクトは抜群。辛そ~

こっちはデカいトウガラシ。ピーマンみたい。そういえばトウガラシの匂いは虫を遠ざけると聞いたこともあるので、虫よけのためだったりするのかな?

 

園内にはバラエティ豊かな花や植物

園内には非常に多くの種類の植物がある。こちらは綺麗な赤いバラ。イングリッシュ感あるね~(適当)

白いバラもたくさん咲いているゾーンは、ちょっとした迷路のような感じ。不思議の国のアリスの世界に迷い込んだような気分になる。

通路の横にも面白い植物がびっしり。ひとつひとつ見ていたらかなり時間がかかりそう。

こちらでは妖精がお昼寝。涼しげで良い雰囲気のオブジェ。

ユニオンジャックをあしらったベンチも。Oh English!

 

ショップではガーデニンググッズも豊富

園内を一通り歩いたら、建物の中のショップでお買い物。コップやハンカチ、バラのジュースやお酒など、いろいろな種類のお土産が売ってある。

また、肥料や植物も販売されている。多肉植物なども250円くらいで売られており、気軽に買うことができる。最近うちの妻も多肉植物を育てたり、ハーブを育てたりしているので、植物用のはさみや鉢を購入した。

帰る前に併設されたカフェでバラのソフトクリームを買って、外のベンチで食べた。花ビラがあしらわれている可愛らしいソフトクリーム。バラ味も珍しくて美味しい。

これからの季節は夏の植物が青々と茂ってくると思うので、また行ってみたい綺麗な庭園だった。くどいけど虫除けスプレーを忘れずに!

0

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください