ren repository rep.oldコマンドで「アクセスが拒否されました。」と出た時にやったこと

投稿日:2021年4月29日
最終更新日:2021年4月29日

Windowsセキュリティセンターのウイルス対策ソフトの情報を消そうとして詰まる

ESETをインストールする前に、McAfeeをアンインストールしようとしたのだがアンインストーラーを使っても消えず、サポートページの回避策3をやったのだが少し詰まったので、メモしておく。

 

環境

Windows 10 Home

 

ren repository rep.oldが効かない?

回避策3を進めていて

c:\Windows\System32\wbem>net stop winmgmt /y
Windows Management Instrumentation サービスを停止中です.
Windows Management Instrumentation サービスは正常に停止されました。

を実行するまでは特に問題なく進んでいたのだが、そのあとren repository rep.oldのコマンドを打ったら

c:\Windows\System32\wbem>ren repository rep.old
アクセスが拒否されました。

と表示されてしまった。コマンドプロンプトを管理者権限で起動し忘れたのかと思ったが、ちゃんと管理者で起動できている。

なんでだろう、と思ってもう一度

c:\Windows\System32\wbem>net stop winmgmt /y
Windows Management Instrumentation サービスを停止中です.
Windows Management Instrumentation サービスは正常に停止されました。

を実行した後にもう一度ren repository rep.oldのコマンドを打ったら

c:\Windows\System32\wbem>ren repository rep.old

c:\Windows\System32\wbem>

と表示された。ちゃんとコマンドが通ったらしい。その後ESETのインストールを進めたが、特に問題なくインストールできて、その後も問題なく動作している。

原因はよくわからないが、何回かコマンドを打つと通るのかもしれない。また、1回目はnet stopのコマンドの後を打ったあと、しばらくしてからrenのコマンドを打ったのだが、2回目はnet stopのあとrenを間髪入れずに打ったのだが、それも関係ある? 何だかスッキリしないが私の環境ではこれで通ったのでメモしておく。

0

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください