【雑記】タコ焼き器でつくったシューマイがうますぎた

投稿日:2021年4月18日
最終更新日:2021年4月18日

ホットプレートのタコ焼き器でシューマイつくるのが流行っているらしい(?)

今週末、奥さんからタコ焼き器でシューマイつくろう!という提案があった。奥さんが好きなモデルさんがTwitterで紹介していたらしい。バズっているというほどでもないようだが、クックパッドにもレシピがたくさん上がっているようだ。

我が家には株主優待でゲットしたBRUNOというタコ焼き器にもなるホットプレートがあるので、これを使ってつくってみた。クックパッドで「シューマイ BRUNO」と検索すればいくつかレシピが出てくるが、今回はこちらのレシピを参考にさせて頂いた。

 

え・・・うますぎませんか?

シューマイに包むタネつくりは奥さんに任せ、私はタコ焼き器に油をぬりぬりしていく。油をしいたらシューマイの皮をくぼみに配置する。その後、奥さんはタネをつめて私は上に冷凍のグリーンピースを埋め込むという完璧な連携プレイで準備完了。

あとは水を回しかけて弱で20分程度蒸し焼きにするだけ。レシピでは10分だったが、ちょっと生っぽかったので少し電力を強めて10分追加して焼いた。焼き上がりがこちら。

メチャクチャ良い匂いがする。液体がにじみ出てたので水を入れ過ぎたのかな?と思ったら、これ全部肉汁!

さっそく食べてみると・・・え・・・うまい。うますぎる。余裕で崎〇軒よりうまい。なんでこんなにうまいの?と考えてみると

  • 肉汁が外に流れ出ず、すべて皮の中に閉じ込められる
  • 皮にまんべんなく熱が加わり良い感じに歯ごたえのある固さになる
  • ホットプレートを弱いままでキープすれば常に熱々で食べられる

という点が合わさってこんなにうまいんだと思う。正直ここまで美味しいと思っていなかったのでかなり感動して思わずブログに書き殴ってしまった。ホットプレート持ってる人はぜひ作ってみてください。

4+

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください