【Web】LINE Developersで開発者登録する(LINEでリマインダーbotアプリをつくろう日記1日目)

投稿日:2020年5月9日
最終更新日:2020年5月12日

LINEで家賃支払いをリマインドしてくれるbotアプリをつくりたい

私は賃貸マンションは住んでいるが、諸事情により家賃の自動引き落としができない。そのため、給料日あたりで家賃を振り込んでいるのだが、振り込みを忘れそうな時があって怖い…。

というわけで、今回はLINEアプリの勉強も兼ねて、毎月月末(25日あたり)に家賃支払い時期が来たことを知らせてくれるリマインダーアプリを作ってみたいと思う。とてもシンプルな内容だけど、いろいろと他のアプリにも応用はできそう。

今回は初歩の初歩ということで、LINE Developersに開発者登録してみた。

 

前提条件

LINEのアカウントを持っていること

 

環境

Windows 10
Google Chrome

 

LINE Developersにログイン

まずは以下のリンクからLINE Developersのサイトに行く。
https://developers.line.biz/ja/

トップページの「ログイン」を押す。

以下の画面になるので、普段自分が使っているLINEのアカウントでログインする。

あとは名前とE-mailアドレスを入れるだけ。本名でなくても良さそうだったので、名前はWakkyとしておいた。ちなみにデフォルトだと英語表記になっているが、ページ右下から日本語表記に変更することが可能。

これでLINE Developersコンソールにログインできる。

 

 

プロバイダーの作成

LINE Developersコンソールにログインすると以下のような画面になるので、「新規プロバイダー作成」をクリックしてプロバイダーを作成する。ここで入力した情報は、これからつくるアプリの提供元として表示される。

「新規プロバイダー作成」をクリックすると、ボタンのしたに以下の画面が表示されるので、名前を入力して「作成」をクリック。

これでプロバイダー作成は完了。次回はbotのアカウントとなるチャンネルを作成してみる。続きはこちら

 

参考サイト

今回は以下の記事を参考に進めさせて頂きましたm(_ _)m

LINEのBot開発 超入門(前編) ゼロから応答ができるまで

1+

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください