【旅行】昭和レトロな「ゆしま遊技場」で射的とスマートボールをやってみた(熱海散策その2)

投稿日:2019年11月10日
最終更新日:2019年11月17日

 

熱海を散策中に発見したレトロな遊技場

2019年8月の終わりごろ。前回の旅行記に引き続き熱海銀座を散策中、レトロな遊技場を発見。中を覗くと、昔ながらの射的と、スマートボールなるゲームがズラリと並んでいる。

絶対おもしろいぞコレ。やや入りずらい雰囲気もあるが、奥さんと一緒に入ってみる。

店内に入ると右側が射的のコーナー、左側がスマートボールのコーナーになっている。芸能人のサインもいっぱい飾ってあり、熱海では有名なお店のようだ。

せっかくなので、射的とスマートボールを両方遊んでみることにした。

 

ポイント制の射的は慣れが必要か

まずやってみたのは射的。500円で10発の弾がもらえる。1点の的、2点の的、20点の的(写真の白い紙のようなもの)が用意されており、10発撃ち終わったときの得点に応じて、棚に置いてある景品がゲットできる。

奥さんと5回ずつ撃ったが、前半は慣れていないこともあり、なかなか当たらない。それでもなんとか8点を獲得し、怪獣の置物をゲット。腕を目いっぱい伸ばして撃つと的に当てやすい。手が長い人は有利かも。

 

スマートボールはテクニックより運?

お次はスマートボール。右端からボールをはじき出して盤上の穴に入れていき、ビンゴのように縦横にそろえるゲーム。そろった列や行の数に応じた景品がもらえる。

こちらも500円で、15個くらいの弾を撃ち出すことができる。

これがなかなか難しく、入りそうで入らない。どこに飛ばしても入るかどうかは運しだいのように感じたので、テクニックより運勝負になってきそうな印象。慣れてる人はスポスポ入れられるんだろうか。

それでもなんとか1列そろえて、キャンドルをゲット。

もう少し安いと良いなぁとも感じたが十分楽しめたので、旅の思い出には良い。熱海銀座の近くに来たら遊んでみてはいかがでしょうか。

ぼちぼち日も暮れてきたので、食事つきのホテルへ向かう。格安ということでテレビでも紹介されたという「パイプのけむり」という温泉ホテル。果たしてどんなホテルなのか…。続きははこちら

1+

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください