【3Dモデリング】MagicaVoxelでTwitterアイコン画像をつくろう日記 3日目:ModelをRenderingして透過性のある画像としてExport

投稿日:2018年6月23日
最終更新日:2018年12月8日

前回までで自画像のVoxelをつくった。今回はTwitter画像と合成させるため、透過性のある画像としてModelをExportする。まずはモデルをレンダリングする必要がある。「Render」タブを選ぶと、自動的にレンダリングが始まる。Lightで光の強さ、Sunで太陽光の位置、Skyで全体の明るさ(?)など色々と調整できるので、適当にいじって良い感じの設定を探す。Matterで質感を変えれるはずなんだけど、なぜか変わらず……これはそのうち調べてみよう。Model自体も少しいじったりしつつ、最終的的にこんな感じに落ち着いた。

次は画像をエクスポートしていく。まず、Model以外が映らないように「GD」ボタンをクリックして、Ground(地面)を消す。そして、透過性を設定するために、カメラマークの横の「Toggle Alpha Channel of Screenshot」を有効にする。最後に、カメラマークのボタン(Screenshot)をクリックすれば、png形式で、透過性のある画像が保存できる。

これで合成用の画像はできた。次回はいよいよ背景と合成して、Twitterのプロフィール画像を作っていく。画像Exportに関しては、こちらのブログで紹介されていたので、参考にさせて頂きましたm(_ _)m

http://github.dev7.jp/b/2015/12/07/magicavoxel-tbg/

 

日記まとめ

1日目:MagicaVoselのダウンロードとプロジェクト作成

2日目:MagicaVoxelで3Dモデリング(Brush and Edit)

3日目:ModelをRenderingして透過性のある画像としてExport

4日目:Twitter画像の作成とアップロード 

0

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください