【3Dモデリング】Blender2.83でUnity用にモデルをFBXでエクスポートするときの設定

投稿日:2021年4月21日
最終更新日:2021年4月21日

BlenderでUnity用にfbxファイルをExportしたい

Blenderでモデリングしてボーンを入れたモデルをfbxファイルでエクスポートしてUnityで使おうと思ったのだが、Unityでちゃんと動かすにはある程度設定が必要だったので備忘録としてメモしておく。

 

開発環境

Windows 10
Blender 2.83
Unity 2020.3.1.f1(LTS)

 

Unityで動かすためのFBXのExport設定

設定はこちらを参考にさせて頂き、設定した。まず、オブジェクトモードにしてPlaneとボーンmetarigをCTRLを押しながらクリックして選択する。

この状態で、ファイル → エクスポート →FBX(.fbx)を選択してエクスポートの設定画面を開く。

あとはエクスポート先を選択して、名前を付け、以下の画像のように設定を行う。

ポイントだけ書くと

  • 「選択したオブジェクト」にチェックをつけると、先ほど選択したPlaneとmetarigのオブジェクトが対象になる
  • オブジェクトタイプは「アーマチュア」と「メッシュ」だけ選択する。(カメラやランプにチェックしてしまうと、Unityに持って行ったときに不要なカメラやライトがインポートされてしまう)
  • 「!実験的機能! トランスフォーム適用」にチェックを入れると、Blender座標→Unity座標に変換してくれる。ただし開発中の機能ということでバグがあるらしい。
  • アーマチュアは「デフォームボーンのみ」を選択する。そのほかはUnityでは必要ない。
  • アニメーションを設定していない場合は「アニメーションベイク」はチェックを外す。

これでfbxをエクスポートしたところ、Unityに無事にインポートできた。

1+

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください