【旅行】青春18きっぷ旅行 三日目:京都、兵庫(天橋立、城崎温泉)

投稿日:2015年8月10日
最終更新日:2019年6月13日

この日は電車の時間的に9:30までホテルでのんびりできた。9:30になって西舞鶴から天橋立へ向かう。そこそこ人が多いが、一応平日なので土日はもっと多そう。

天橋立は天橋立ビューランドという展望台から見ないと全貌が見えないが、まずは天橋立を歩いて渡ってみることに。動画取るためにカメラ回しながら歩いてたんだけど海水浴場もあって水着の人もおり、事案になりそうなのでやめた。天気がいいが、松で日陰になっているので割と涼しい。

与謝野寛・晶子夫妻がよく訪れたらしく、記念碑があった。途中、道の前方で外国人の夫婦がかがみこんで、ひっくり返ったコガネムシを起こしてあげていた。コガネムシを起こすと彼らは満足そうに去って行った。私は遠巻きに、このやさしい世界を見ていたが、彼らが通過した後にコガネムシを見たら死んでいた。与謝野晶子だったらこの物悲しい事象について一首詠んだに違いないが、私にはここでひっそりとブログを更新することぐらいしかできないのであった。合掌。

そのあとロープウェイに乗って天橋立ビューランドへ。ロープウェイに乗ってる最中にラピュタの主題歌(地平線がうんぬんのやつ)が流れていて、人が多いにも関わらず何となく寂れた感じのロープウェイに妙にマッチしていた。

ロープウェイで登っていく景色がなかなか面白い景色だったのでカメラを回していたが、逆方向(ビューランドから降りてくる方向)のロープウェイの前方から、もしスカートの女性とか来たら事案になりそうなのでやめた。ビューランドに降りてロープウェイ乗り場から少し登り、振り返るとすぐに天橋立が見えた。さすが日本三景だけあって壮観!

ただおっさん一人で遊園地に来て特にやることもないので、写真を撮ったり景色を眺めたらさっさと降りた。そのあと、観光街で食べたあさりコロッケバーガー↓ あさりが名産らしい。

パンがサクサクでうまかった。コロッケの中はアサリとホワイトソースが入っていてクラムチャウダーみたいでこれもなかなか良かった。そのあとは城崎温泉駅まで電車で移動。有名な温泉地なだけあって人が多い。

城崎温泉には7つの有名な外湯があって、一日入り放題券(1200円)を買うと7湯すべてに入れる。7湯めぐりしようと思ったが、駅から最も近い「さと湯」がお休みだったので6湯めぐりに。でもそれぞれの温泉で定休日をずらしてるようなので、一日で七湯めぐれる日は案外少なそう。さすがに風呂の中は撮影できないので、外観と簡単な感想だけ紹介。

地蔵湯


最初に入った湯。内観はきれいでなんとなく神殿っぽく感じた。広い風呂が一つだけあった。しかし温度が結構高めで、2、3分しか入らなかった。湯に入ろうとした大学生3人が「あっつwww」「足しびれるわwww」と言って結局足先しか入ってなかったが、楽しそうだった。

一の湯


普通の内湯と、洞窟をくりぬいた温泉がある。洞窟は一応露天のように外とつながっているが、日差しはあまり入ってこない。洞窟の温泉は初めての体験だったが、隠れ家のような風情があって良かった。

柳湯


一番オーソドックスな温泉って感じ。お風呂もせまめ。ここも温度が高めだったのでさっと浸かってあがる。

御所の湯


おそらく一番広くて、温泉の種類もいろいろあるスーパー銭湯風な温泉。露天風呂や泡が出るマッサージ湯、足だけ浸かりながら休めるベンチ的な湯もあり一番快適に感じた。外観も凝っていた気がする。

まんだら湯


ここもオーソドックスなつくり。外に桶のような風呂があるが、かなり小さく一人ずつしか入れなさそうなサイズ。入ろうかと思ったが、人が途切れず入っていたためやめた。

鴻の湯


写真には写っていないが、つがいのコウノトリの模型が温泉の前にある。昔コウノトリが足を癒していたところから温泉が見つかったという逸話があるらしい。広い露天風呂がある温泉。一番駅から離れている。

おまけ:さとの湯


駅のすぐ横にある湯。この日はお休みだったが、入り口前に屋根が付いた広間があり、そこにベンチが複数あるので休憩している人が大勢いた。

全部歩いて回れる距離だったが、一番離れた鴻の湯から駅まで戻ったら予想より道のりが長く12、13分かかったので、電車の時間が少し危なかった。途中の土産屋で、店主のおばさんがひたすらスマホでモンストをやっていたのが印象的だった。(ちなみに接客はすごく良かったです。念のため)

城崎を発った後は鳥取をひたすら電車で横断し、島根に到着。島根のひこ○ゃんこと、しまねっこがお出迎えしてくれる。

ちなみに、しまねっこはひ○にゃんよりは後だが、じばにゃ○よりは先に存在している。念のため。とにかく乗換ミス等もなく無事に島根につけてよかった。しかしスマホがあれば地図、乗換、名産・歴史等の調査等何でもできてしまう時代になったなと痛感。また機会があったら違うルートで帰りたい。

 

旅行記まとめ

【旅行】 土曜日から青春18切符で帰省旅行へ
【旅行】 青春18きっぷ旅行 一日目前半:山梨県 (舞鶴城、喜久の湯、武田神社)
【旅行】 青春18きっぷ旅行 一日目後半:長野県(旧開智学校校舎、松本城)
【旅行】 青春18きっぷ旅行 二日目:富山、石川(黒部ダム、立山連峰、富岩運河環水公園、金沢城付近)
【旅行】 青春18きっぷ旅行 三日目:京都、兵庫(天橋立、城崎温泉)

0

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください