【映像】CP+2015レポート5:ATMOS SHOGUN

投稿日:2015年4月11日
最終更新日:2018年10月24日

ブースというにはかなりこじんまりしていたが・・・ATOMOSのレコーダー、SHOGUN。実物は始めてみたかも。側面にHDMI、そして背面に12G-SDI!がついていたが、現状では6G-SDIまでで、12Gはアップデート対応とのこと。

でも12G SDI出す機材ってあるんだろうか。Black MagicはSDI押しのような感じも受けるが、ATOMOSもそっち方向なのかな?業界の性質上、他のメーカーとアライアンスが取れていないと生き残るのは厳しそうだが・・・

最近はIPが台頭してきて10GbEなんかで接続する機材が増えていきそう。とはいえ大量にあるSDI機材をすぐに置き換えるのは現実的ではないので(SDIとIPのコンバータが豊富に出てくれば別だけど?)、しばらくはSDIが使われていくことになるとは思う。NABで「SDI must die」とか言われちゃってたけど(笑)

少し触ってみたが、タブレットのような見た目で直感的に操作できそう。ブースは人が多くて忙しそうだった。人の多さからも注目度の大きさが伺える。これからの動向も要チェック。

0

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください