【映像】 CP+2015レポート4:Black Magic  Blackmagic Production Camera 4K

投稿日:2015年4月6日
最終更新日:2018年10月24日

ブラックマジックのコンパクトな4Kカメラ。4K30Pまで出る。出力は6G SDIが1つ。あとHDMIもついてたかな?メディアは内部にSSDが入れられて、4K30Pで20分程度撮影できるそう。

フォーカスのピーキング(フォーカスがあっている部分の輪郭が緑になる)機能を見せてもらったが、他にも撮影に必要な一通りのことはできそうな感じ。無駄を省いて必要な機能のみをいれ、シンプルさを追及したような製品。

ハードボタンも少なく、デザインもスタイリッシュ。記録フォーマットはRAWとProRes422?に対応してた。これで値段が40万円程度なので、ちょっと4K試してみたい小さいプロダクションとかにはいいかもしれない。

ただ、手持ちで使おうとするとブレがひどいので、スタビライザー必須という記事をどっかで読んだ気がする。まぁ固定して撮影する場合は関係ないが。Inter BEEだとブラックマジックのブースはちょっと無愛想なイメージだったが、今回はお客さんが少ないせいか色々親切に教えて頂けた。

0

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください