【映像】 CP+2015レポート3:Grass Valley EDIUS Pro7

投稿日:2015年3月14日
最終更新日:2018年10月24日

名前を聞いたことはあったグラスバレーのEDIUS Pro7を色々触れた。一ヶ月○○円というライセンスではなくて買い切りで使えるソフト。国内の放送局でかなり高いシェアを持っているらしい。

ちなみに放送局で使っているのとほぼ同じ機能のものを一般の人でもAmazonとかで買える。ただ複数台同時操作やファイルの共有機能があるかないかなどは放送局用と少し異なるところ。(まぁ趣味でやってるひとはあんまり複数台操作はしないか…)

ソフトウェアのエディターなので、PCのスペックによるが、HDの映像くらいならノートPC(といってもそこそこ性能は必要ですが)で充分サクサク編集できるそう。あと4Kも扱えてHDと同じように編集できるが、やはりそれなりのマシンパワーが必要みたい。

ちなみにデモで使ってたのはHPのZ820?だった。マスクを使って動画の一部にモザイクなども入れられるが、残念ながら自動的に人の顔やナンバープレートをトラッキングするのはできないようだ。
が、今頑張って実現しようとしていると言ってたので、そのうちアップデートされるかもしれない。たしかAdobeの編集ソフトはトラッキングできたと思う。

その点以外はかなり豊富な効果が用意されていた(こんな効果いつ使うんだって感じのものも・・・笑)旅行の動画編集するときにあればかなり便利そうだったので、トラッキング機能が入ったらほしいかも。調べると税別でお値段¥79,800。学生さんならアカデミックパックで¥39,800で買えるみたい。

0

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください