【Web】Vue.jsのプロジェクトをNetlifyにデプロイする(Web勉強記Vue.js編 6日目)

投稿日:2020年5月30日
最終更新日:2020年5月30日

GitHubにpushしたVue.jsのプロジェクトをNetlifyのDeployする

前回はVue.jsのプロジェクトをGitHubにpushした。今回はNetlifyでGitHubのVue.jsプロジェクトをデプロイする。NeflifyはGitHubと簡単に提携できる。

 

開発環境

Windows 10

vue.js version 2.6.11

 

NetlifyをGitHubアカウントと提携させる

まず、Netlifyにアクセスして、Get start for freeを選択。

GitHubを選択。

ここで認証が入る。自分のアカウントでAuthorize netlifyを選択。

これで提携は完了。クイックスタートガイドが表示される。読みたかったら読んで閉じる。

 

GitレポジトリからSiteをつくる

次に、GitHubに登録してあるレポジトリからVue.jsのプロジェクトをDeployするSiteを作成する。GitHubと提携したページのトップからNew site from Gitを選択。

GitHubを選択。

ここでまた認証が入る。Authorize Netlify by Netlifyをクリック。

 

ここで、前回作成したレポジトリを選択してInstallする。

以下のような画面になるので、レポジトリ名の横の矢印をクリック。

Create a new siteのメニューが出てくるので、Basic build settingsを設定する。参考にしたサイトだとBuild commandでyarn buildを設定にすると書いてあったが、私の環境だとエラーが出てしまったので、npm run buildを設定したらできた。Publish directoryにはdistを設定。最後にDeploy siteをクリック。

問題なければ無事にデプロイが完了する。以下のようにURLが表示されるようになったので、URLをクリックすると…

表示できた!

これでDeployは完了した。一通りVue.jsのプロジェクトをつくってからNetlifyにデプロイすることができたので、この日記はいったん終わり。

今後は内容を発展させて、役に立つWebアプリをつくっていきたい。

 

参考文献

Vue.jsをNetlifyにデプロイするまでの一連の流れは、以下を参考にさせて頂きました。

Vue.js+Netlifyで最小のアプリを作る

0

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください