【Web】GASのHTMLファイルが「スクリプト関数が見つかりません:doGet」と出て表示されないときに確認すること【Google Apps Script】

投稿日:2021年2月27日
最終更新日:2021年3月9日

GASでHTMLを表示させようとしてError発生

Google app Scriptでhtmlを表示させようとしたときに以下のようなErrorが発生。

初歩的なことだけど一応確認ポイントと対処方法をメモしておく。

 

gsファイルのdoGetファイルの記述が正しいか

まず、以下の画像のように.gsファイルのdoGetファイルでHTMLファイルを表示させるコードを確認する(genki-damaというのは私がつくったhtmlファイル。拡張子は不要)。GASのWebアプリケーションではdoGet関数が最初に実行されるため、ここでHTMLを表示させるようにしておく必要がある。

コードの内容としては、1行目で作成したHTMLファイルからHTMLテンプレートを作成して、2行目でそれをHtmlOutputオブジェクトとして返して表示させている。私は2行に分けて書いているが、以下のように1行で書いても良い。

return HtmlService.createTemplateFromFile('htmlファイル名').evaluate();

 

ファイルを変更したら保存して新しいデプロイをしないと反映されない

こちらも基本的なことだが、gsファイルに上記を追加したら、下の赤枠のマークからgsファイルを保存しないと変更内容は保存されない。また、公開するときには「デプロイを管理」ではなく「新しいデプロイ」を選択してデプロイしないと変更内容が反映されない。なお、HTMLを公開せずにちょっと動作を見てみたい、という場合は「デプロイをテスト」を選択することで、HTMLの表示を確認することができる。

HTMLがうまく表示されない場合は試してみてください。

 

GASでLINEのボットとかつくってます

GASでLINEのボットをつくった過程を日記としてまとめてます。興味があればぜひのぞいてみてください。

【Web】Google Apps ScriptでリマインダーLINE botをつくろう日記

1+

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください