【開発環境】Visual Studio CodeのUser InstallerとSystem Installerの違いは?Zip版って?

投稿日:2019年2月28日
最終更新日:2019年2月28日

User InstallerとSystem Installer?

先日、MicrosoftのページからWindows用のVisual Studio Code(VSC)をインストールしようとしたら、「User Installer」と「System Installer」の2通りがあることに気付く。何これ?どっち使えばいいの?と思って調べたので、違いと使い分けをメモしておく。

 

ログインしているユーザーだけで使うか、他のユーザーも含めて使うか

公式のFAQを見ても、あまり詳しく書いてない。ググっていくと、英語だけど以下にズバリ回答が書いてあった。

https://stackoverflow.com/questions/51832451/difference-between-user-and-system-installer-of-visual-studio-code

ざっくり書くと、User Installerでインストールすると、インストールを実行したユーザーだけがVSCを使えるようになる。一方System Installerでインストールすると、PCを使う全ユーザーがVSCを使えるようになる。PCを自分で占有して使ってるとか、普段ユーザーとか意識せずにPCを使ってる場合にはどっちを使っても良いと思う。ただ、共用のPCを皆が違うアカウントでログインして使うような場合は、他のユーザーがVSCを使うか確認してからSystem Installerを使うかUser Installerを使うか決めた方が良さそう。確認が取れないならUser Installerで自分だけが使うのが無難。

また、System Installerでインストールする場合は管理者権限が必要なので注意(これについては以下で説明)。

 

User Installerだと何が嬉しいの?

インストールの実行について大きく違うのは、System Installerだとインストールするのに管理者権限が必要だが、User Installerだと管理者権限が必要ないということ。自分で所有しているPCを使っている人はピンと来ないかもしれないが、セキュリティに厳しい会社だと、社員用のPCの管理者権限をシステム管理者が持っていて、管理者権限が必要な場合、いちいち申請が必要だったりする。

そういった面倒なプロセスを踏まなくても、User Installerであればインストールを実行することができる。

 

Zip版はどうやって使う?

お気づきの方もいるだろうが、zip版も存在している。

こちらについては、インストールは必要ない。zipファイルを解凍して.exeファイルを実行することで、VSCを使うことができる。これだったら、人のPCを借りて作業する時や、ノートPCで作業したい時にzipファイルをコピーするかダウンロードすれば使える。ただ、installerでインストールしておけば、VSCがバージョンアップした時に自動的にアップデートしてくれるようなので、家でがっつりコーディングする人はInstallerを使った方が良いかも。

 

1+

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください