【Unity】Unityで3D野球盤をつくろう日記 33日目:ゲームをunityroomで公開する(buildとアップロード)

投稿日:2019年5月19日
最終更新日:2019年5月19日

(日記のまとめページはこちら:https://wakky.tech/unity-baseball-game/

前回で野球盤はいったん完成。いよいよゲームを公開する。ゲームの公開方法にはいろいろあるが、一番お手軽なのはUnityのゲームをアップロードできるWebサイトを利用する方法。今回はunityroomにゲームを公開したいと思う。自分のサーバーにアップロードする方法と、AndroidでビルドしてGoogle Playストアで公開する方法もいずれ書きたい。

 

完成したゲームをビルドする

完成したゲームをWebブラウザで遊べるようにするには、WebGLでビルドを行う。さっそく丸投げで申し訳ないが、ビルド方法については以下のページがわかりやすい。丁寧に書かれているので、特に問題なくビルドできると思う。

【unity】WebGLビルド方法

 

完成したゲームをunityroomで公開する

完成したゲームを、unityroomで公開する。またまた丸投げになるが、公開方法は以下に書いてある。

【unity】unityroomに投稿する方法

特に問題なくアップロードできれば、晴れてゲームを公開できる。公開したゲームがこちら↓

ノスタルジック野球盤

今度はWebGLでビルドしたゲームを自分のサーバーに上げる方法についても書きたい。

 

1+

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください