【Unity】Unity 1週間ゲームジャム:お題「あつい」の振り返り

投稿日:2018年9月18日

今回もUnity1週間ゲームジャムに参加した(前回の振り返りはこちら)↓
https://unityroom.com/unity1weeks/10
今回のお題は「あつい」。ゲーム完成までのプロセスや、参考にさせて頂いたページなどをつらつらとまとめておこうと思う。

 

ゲームのコンセプト

毎回同じようなゲームをつくってても成長しないので、今回は以下をマスト項目として取り組むことにした。
・2Dでつくる(Unityでは3Dゲームしかつくったことないので)
・ランキング機能を実装する(前回ギブアップしたから)

 

着想からつくり始めるまで

「あつい」というテーマが、ひらがなで書かれているのがポイントかなと思った。「熱い(暑い)」「厚い」のどちらかになるだろうと思ったけど、「熱い」でつくる人が多そうだったので、あえて「厚い」で作ろうと思ったのが出発点だった。

しかし、そこから先のアイディアがなかなか出ない。期間中は外出が多く、ゲームもなかなか作れずに土曜日を迎える。土曜日の夜、寝る前になってようやく着想を得る。以前、タモリ俱楽部で、「江戸時代の大相撲の四股名は面白いものが多く、鉄壁破右衛門とかもいた」という内容があったことを思い出し、「厚い」鉄の壁を、力士がぶち破り続けるゲームを思いついた。

そして日曜日に制作開始。締め切りの20時が迫るなか、タイムアタック的にゲームをつくりはじめる。

 

参考にさせて頂いたページ

プロトタイピングする時間も無かったので、思いついたら事から、ひたすら処理を実装する。以下のページを参考にさせて頂いた。過去にやったことがある内容もあるけど、時間がたつと忘れてしまう……

キーボードを押して加速
https://docs.unity3d.com/jp/current/ScriptReference/KeyCode.html
力士に当たり判定を付ける
https://qiita.com/2dgames_jp/items/fc8aabe89402577f96e7
力士のポーズを変える(Spriteの動的変更)
https://qiita.com/motsat/items/927a4d2682765555b80d
リスタートボタン実装
https://codegenius.org/open/courses/17/sections/35
絵や音源の素材については、ゲームページの「アセット」欄を参照。

 

反省点

まず、制作時間が短すぎた。背景がズレるバグとか、ぶっちゃけ適当に連打しておけばスコアが出やすいなど、バグ潰しやゲームバランスの調整ができず、ゲームの形になった時点でリリースせざるを得なかった。また、よく使う処理のScriptは、どこかにまとめて参照できる形にした方が良いなと。毎回同じことをググっているのは効率が悪い。

反省点もあったけど、何だかんだ言って、ゲームジャムのお祭り感は楽しいし、人のゲームを遊ぶと新しい発見がある。次回はもう少し余裕を持って取り組みたい。
つくったゲームはこちら。記念すべき初2Dゲームなので、思い入れのある作品になりそう。
https://unityroom.com/games/tetsukabe

1+

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください