【Unity】Unityで3D野球盤をつくろう日記 31日目:文字のフォントを変更する

投稿日:2018年8月11日

(日記のまとめページはこちら:https://wakky.tech/unity-baseball-game/

ゲーム制作で忘れちゃいけないのが、文字のフォント。これだけでゲームの印象がガラッと変わる。フォントにも著作権があるので、公開や配布などするためにフリーのものを選ぶ。Asset storeでも、2D → Fontsから検索可能だけど、日本語はいかんせん数が少ないため、ネットから拾ってくる。

今回使用させて頂いたのはこちらの「おつとめフォント」。レトロで味があってイメージにぴったり。

http://rooms.webcrow.jp/font/index.html

zipファイルを保存して展開すると、中に.ttfという拡張子がある。これがフォントのファイル。この.ttfファイルを、UnityのAssetsにドラッグ&ドロップでコピーする。今回はFontsというフォルダをつくり、その中に持ってきた。あとは、フォントを変えたいテキストオブジェクトを選択し、Inspectorの「Font」にドラッグ&ドロップするだけ。

これでFontを変えることができた。

0

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください