【Unity】Unityで3D野球盤をつくろう日記 25日目:ゲームを再スタートさせるボタンを表示させる

投稿日:2018年3月23日
最終更新日:2019年1月19日

(日記のまとめページはこちら:https://wakky.tech/unity-baseball-game/

前回の日記で、ゲームが終わったら画面遷移させると書いたが、まずはゲームとしての体裁を整えたいので、より簡単な方法でゲームを再スタートさせようと思う。具体的には、前回表示させた「ゲーム終了」テキストとともに、リスタートボタンを表示させる。まずはCanvasで右クリックして UI→Button でボタンを追加する。

ButtonRestartと名前を付けなおし、InspectorのRect Transformから適当に位置と大きさを調整したあと、最初からボタンの子オブジェクトとしてついているTextに適当に文面を打ち込む(今回は「もう一度遊ぶ」とした)

次に、前回作ったControlEndText.csを以下のように改造して、Buttonも制限時間が0になったら表示されるようにした。(Script名と内容が合わなくなってしまったが・・・全体的に変数やオブジェクト名の命名則もグチャグチャだし、どこかのタイミングでまとめて修正したいなぁ)

https://gist.github.com/WakkyFree/d7b3a3b291890728c124a2191684fce8/c524ea84608fb79e2ef21d7db91612057b983212

あとは前回と同様に、ButtonRestartを、CanvasオブジェクトのInspectorにドラッグ&ドロップすればOK。

次回は、表示させたボタンを押すことでゲームを再びスタートさせる処理を実装する。

0

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください