【Unity】Unityで3D野球盤をつくろう日記 19日目:ゲーム中のBGMをつける

投稿日:2017年8月20日
最終更新日:2019年1月19日

(日記のまとめページはこちら:https://wakky.tech/unity-baseball-game/

最近Unityから遠ざかってしまい、前回の日記から時間が空いてしまった。今回はリハビリがてら、ゲーム中のBGMを追加したいと思う。まず、以下のサイトからフリーのBGM素材(.mp3素材)をダウンロードした。

http://dova-s.jp/

独特の浮遊感が気に入ったので、フフフさんというかたの「夏の日のベースボール」という曲を使わせていただく。素晴らしいBGMをありがとうございますm(_ _)m

※ネット上の素材をダウンロードして使用する際(特にアプリにして配布したりする場合)は、必ずダウンロード元サイトの利用規約等を確認してください。

まずはAssetsペインに先ほどダウンロードしたmp3をドラッグ&ドロップする。そのあと、メニューから「GameObject」→「Audio」→「Audio Source」を選択。

追加されたAudio Sourceコンポーネントをわかりやすいように「BGM」という名前に変更。そしてBGMを選択して、InspectorタブのAuido Clipというところに、先ほどダウンロードしたmp3素材をドラッグ&ドロップすれば完了。

デフォルトでPlay on Awakeにチェックが入っている。この状態だと、シーンが開始された際に自動的にBGMが再生する。また、Loopにチェックを入れておけば、mp3の再生が終わったら自動的にまた最初からループしてくれる。何かしらのイベントをトリガーにして音を再生したいときはScriptを使うのが一般的だが、その方法は次回、効果音をつけるときに書きたいと思う。

0

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください