【Unity2020.3】Google Play Consoleにaabファイルをアップロードしたら「このリリースは Google Play の 64 ビット要件に準拠していません。」と出た時の対処

投稿日:2021年5月10日
最終更新日:2021年5月10日

Unityでビルドしたaabファイルをアップロードしたら問題発生

UnityでつくったAndroidゲームをGoogle Playでリリースしようと思ったところ、以下のように「このリリースは Google Play の 64 ビット要件に準拠していません。」というエラーが発生。

このエラーの対策方法をメモしておく。

 

開発環境

Windows 10 Home
Unity 2020.3.1.f1(LTS)

 

Player Settingsから64bitのビルドを有効化する

まずはBuild SettingsからPlayer Settings…を開く。

まずはScripting BackendをIL2CPPにする。まずこれを選択しておかないと64bitアーキテクチャ向けにビルドができないので注意。あとは、Target ArchitecturesのARM64にチェックをつければOK。ARMv7も32bit向けのビルドに必要なためチェックしたままにしておく。

これでaabファイルに64bitと32bitの両方のネイティブコードを含めることができる。

0

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください