【Unity】高機能ドット絵エディタ EDGEをダウンロード(Unityでドット絵2Dゲームをつくろう日記1日目)

投稿日:2019年9月17日
最終更新日:2019年9月17日

自分で素材からゲームをつくりたい

今までUnityでゲームを作る時、キャラクターなどはフリーの素材を利用していた。ただ「自分で素材をつくってみたい!」という気持ちが前からあったので、今回は素材づくりからチャレンジしてみたいと思う。

(チュートリアルというより制作日記として書いていくつもりなので、行き当たりばったりになるかもしれないがご了承ください…笑)

最近、私が興味があるのはドット絵。どこか温かみがありノスタルジックさを感じる表現方法ができて良いなぁと思っていたので、今回はドット絵で素材をつくってみる。

 

開発環境

Windows 10

 

まずはドット絵エディタ「EDGE」をダウンロード

グーグルで「ドット絵」「ソフト」「フリー」などと検索すると、真っ先に出てきたのが「EDGE」というソフト。

http://takabosoft.com/edge

無料で使えるうえに、使いやすく動作が軽快だとネットでも評判。EDGE2という有料ソフトもあるが、こちらは無料のEDGEでドット絵制作の感覚をつかんでから検討すれば良いかなと。今回の日記では、こちらのソフトを使用させて頂くことにする。

使用方法はいたって簡単。まずは上のリンクのTAKABO SOFT様からEDGE 1.29bをダウンロード。

次に、ダウンロードしたzipファイルを展開。最近のWindowsなら右クリックして「すべて展開」を選択し、展開先を選べば簡単に展開できる。

展開したら、あとはedge.exeを実行するだけ。これでedge.exeが立ち上がる。

次回からさっそくドット絵を書いていこうと思う。

1+

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください