TOKYO GAME SHOW VR 2021レビュー:VR空間で感じた未来の展示会の姿

投稿日:2021年10月2日
最終更新日:2021年10月2日

TOKYO GAME SHOWがVRで開催…だと!?

去年はコロナによりオンライン開催だった東京ゲームショウ。今年もプレス、インフルエンサーを除いて幕張会場への来場はできないためオンラインがメインとなる。オンライン開催の展示会も自宅からアクセスできるのは楽ではあるが、展示会特有の「お祭り感」が感じられないので少し物足りなさもある。

そんな中、TwitterでTOKYO GAME SHOW VRなるものがあることを知る。

どうやら専用アプリでVR空間を歩いて展示を見ることができるらしい。これはいくしかない!ということでさっそくダウンロードして遊んでみた。

 

きらびやかな会場のワクワク感と本当に展示会に来たような臨場感

アプリをインストールして画面を開くと、少しミステリアスな音楽とともにタイトル画面が表示される。この時点ですでにワクワク感がすごい。

ロードが完了すると、なんかこうグワーッとバーチャル空間に引き込まれてメチャすごい(語彙力不足)。

最初のログインだと操作説明の表示があるチュートリアル的なロビーに通される。ここでざっと説明を読んで会場へ。メイン会場へ続く廊下では、たまたま他の来場者の人達がマイクで会話しており、実際に展示会の入り口に来たような感覚になった。

そして会場に入ると一気に光が溢れて、ソニック、チョコボ、ガンダムなど有名キャラクターが目に飛び込んできて迫力満点。画像でみても綺麗なのだが、実際に自分で操作して歩くと臨場感が全然違う。これはエントランスだけでも一見の価値あり。

キャラクターの近くにたっている黄色いロボットはNPCで、新作ゲームの紹介などをしてくれる。会場は入場時に入れるMAINHALLを中心として、好きなエリアに歩いて移動することができる。

 

VR空間での物販やゲーム要素も

会場では物販も行われており、展示されている商品のリンクをクリックするとAmazonからグッズ購入することもできる。これもVRならではの物販形態という感じで非常に面白かった。

会場では宝箱や展示を読むことで「つながりのかけら」というアイテムをゲットでき、これを集めると何かが起こる…というゲーム的要素もあるのが楽しい。ただ「え、こんなことろにあるの!?」というものもあったので、全部集めるのはなかなか大変かも笑

会場ではちょくちょく他の来場者も見かけるものの、あまり人がいないな…と思ったら、NPCの事情通ロボット君が理由を教えてくれた。なるほど、たしかに同じ空間に全員がいたら負荷が大変なことになるので、チャンネルで分散させてるのね。

 

TOKYO GAME SHOW VR 2021に未来の展示会の姿を見た

まだまだ歩きつくせていないが、会場でゲットした環境省のTシャツが気に入ったのでログアウト前に記念に一枚。私自身はそこまでVRに詳しいわけでもなく、最近Clusterで遊び始めた程度なので、かなり新鮮な気持ちで楽しむことが出来た。VRに慣れ親しんだ人が読んだら「いまさら何言ってんだ」と思われそうな気がするが、以下ではTOKYO GAME SHOW VRに参加してみた所感を。

最近はコロナでオンライン開催の展示会も増えてきたが、冒頭でも書いたようにオンラインだと展示会特有の「お祭り感」がなく、オンラインの展示会には物足りなさを感じていた。それは会場に入ったときの高揚感だったり、友達や同僚と展示を見ながらあれこれ話す一体感だったり、あてもなく歩いてたまたま興味深い展示を見つけた時の興奮を得られにくいからだと思う。

ただ、今回TOKYO GAME SHOW VR 2021で豪華な会場を歩く感覚は、実際に展示場に足を運んだ時の感覚に近い。会場の豪華さに圧倒され、チャンネルを合わせれば遠隔地の友達とも展示を見て歩くことができ、会場で昔のポスターや最新のゲーム情報を発見して興奮することができる。

今回はゲームの展示会ということで特にVRとの親和性は高かったが、他の分野の展示会でも「お祭り感」を体験できることは大きなプラスになるはず。コロナが終わっても、地方に住んでいる人や身体的な事情で来場が難しい人もいると思うが、そういう人たちにとってもVRで物理的な距離を飛び越えて臨場感を味わえるので、ひょっとしたらこれが未来の展示会の姿なのかも、とすら思った。

この展示会はambr社が開発したメタバース構築プラットフォーム「xambr」を採用しているとのこと。メタバースとは、多人数が参加可能で、参加者がその中で自由に行動できるネットワーク上の仮想空間とのことで、今後ますます広がりを見せそうな予感がする。今後も技術動向をチェックしていきたい。

ちなみにTOKYO GAME SHOW VR 2021は10/3までは入場できるので、まだ来場してない方はお早めに。

 

4+

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください