【お酒の感想】ローソン限定の「サントリー トリスハイボール 夜風のトニック」を飲んでみた

投稿日:2021年10月6日
最終更新日:2021年10月6日

この時期に見かけるローソン限定のトリスハイボール

ローソンで買い物しているときに、お酒コーナーで綺麗な色のパッケージが目にとまる。そういえばこれ毎年見るよな〜と思いつつ、去年飲んだときに美味しかった記憶があったので購入。ローソン限定らしい。

アルコール度数は6%で若干強め。原材料は以下の写真の通り。通常のトリスハイボール缶はレモンスピリッツとレモンが入っているが、このお酒にはオレンジスピリッツとオレンジが入っている。

トニックというと私はトニックウォーターのイメージが強いのだが、トニックウォーターは炭酸水に香草や柑橘類の果皮、糖分を加えたものなので、材料的にはウイスキーをトニックウォーターで割ったようなものと考えて良さそう。

 

ほんのり甘くてほろ苦い爽やかな味

グラスに注いでみると、見た目はあまり普通のトリスハイボールと変わりなし。ただ、鼻を近づけるとふわっと柑橘系の良い匂いがする。

飲んでみると、まず柑橘系の爽やかな風味とともにほんのりとした甘みを感じて、その後にほろ苦さを感じる。飲んだ後も口の中に爽やかな後味が残る。甘すぎず苦すぎず、個人的にはちょうど良いあんばいで美味しい。

ウイスキーとトニックって香りがぶつかりそうにも感じるが、もともとトリスのハイボールはあまりウイスキーの風味が強くない印象なので、トニックの風味とうまくマッチしている。

私はもともとジントニックなど柑橘系の風味のお酒が好きなので、美味しく飲むことができた。ただ、個人的には食事と合わせるには少し甘みが気になるかなという印象だったので、ナッツやチーズ、ドライフルーツなんかをつまみながら飲みたくなるお酒だった。

2+

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください