【お酒の感想】出雲誉 純米酒 – やさしいお米の甘みに包み込まれる

投稿日:2019年2月2日
最終更新日:2019年5月7日

満足度: 5点/10点満点 ★★★★★☆☆☆☆☆

島根県の出雲の居酒屋で頼んだ日本酒。日本酒度は+3でちょい辛くらい。涼しげでオシャレなおちょこで運ばれてきた。冬には少し寒々しい気もするが、とても綺麗。うちにも欲しい。

飲んでみると、思ったよりかなり甘口。まろやかな米の香りがふんわりと広がるが、アルコール感は少ない。かといってフルーティな風味はなく、優しいお米の甘さを感じる。さらりとした飲み口で、日本酒をあまり飲まない人でも飲みやすそう。ただ、個人的にはもう少し辛口の方が好みかなぁ。辛口の他の地酒とも比べてみたい。

ちなみにこちらの「神門」という居酒屋はコスパが良く、料理もとても美味しい。下の写真の「魚のあら煮」は結構な大きさで身が詰まっていたが、500円という安さ。東京でも美味しい魚は食べられるが、安くて美味しい魚が食べられるのが海沿いの町の良いところ。出雲駅からも近いので、出雲大社観光で出雲駅周辺に泊まるならオススメ。

 

1+

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください