【お酒の感想】山廃純米 誉国光 白ラベル – 豪快で濃厚な群馬の地酒

投稿日:2019年5月26日
最終更新日:2019年5月27日

満足度: 7点/10点満点 ★★★★★★★☆☆☆

 

概要

自然の乳酸菌を利用して造る「山廃造り(やまはいづくり)」で造られた群馬の日本酒。通常の倍以上の日数が掛かり、手間も技術も必要になるが、山廃造りにしかだせない旨味がある。

 

データ

製造元
 土田酒造株式会社
原材料
 米、米こうじ
度 数
 15%
精米歩合
 70%
価 格
 1400円(旅館でオーダーしたのでやや高め)

 

感想&評価

しっかりとしたお米感

精米歩合70%ということで、かなりお米感が強そう。香りからもしっかりとしたお米とアルコールを感じる。

口に含むと、豪快で濃厚な味わいが広がる。ただ、あまり雑味は感じないのは米とお水が良いからだろうか。口に入れた瞬間まで後味まで、常にお米の旨味が口を刺激する。

 

料理に負けない強さ

温泉旅館の懐石料理と一緒に食べたが、料理にも負けない強さがあるお酒。

価格も安めのようなので(今回は旅館の部屋でオーダーしたので高かったが)、群馬に来た時には地元の料理と一緒に試してみるのがおすすめ。

1+

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください