【お酒の感想】純米吟醸 羽黒山 – しっかりした羽黒産米の風味と後味の日本酒

投稿日:2019年3月31日
最終更新日:2019年5月7日

満足度: 8点/10点満点 ★★★★★★★★☆☆

 

概要

山形県鶴岡市のお米で醸した酒。奥深く、とろけるような味わいが自慢の純米吟醸酒。

 

データ

製造元
 竹の露
原材料
 米(羽黒産)、米麹(羽黒産米)
度 数
 15度
価 格
 不明(ふるさと納税の返礼品として入手)

 

鶴岡市のふるさと納税返礼品

荘厳な五重塔のラベルが印象的な「羽黒山」。ネットで調べると市販されているのは純米大吟醸のようだけど、こちらは純米吟醸ということで、精製歩合が60%。しっかりとしたお米の味が期待できそう。

 

たしかなお米の香りと豊かな風味

おちょこに注ぐと、お米の良い香りがふわっと鼻を抜ける。口に含んだ瞬間から、しっかりとしたお米の風味が一気に広がり、鼻と喉を駆け抜けていく。後味もしっかりしていて、飲みこんでしばらくしてからも口の中に香りが残る。

 

お米感が強い日本酒を味わいたい人におすすめ

印象としては、しっかりとお米の味を楽しめる日本酒、という感じ。少し粗々しい印象もあるが、あっさりした日本酒より、個人的には好き。

純米大吟醸だともう少し澄んだ感じなのかもしれない。機会があれば飲み比べしてみたい。お米感が強い日本酒が好きな人であれば気に入ると思う。

 

1+

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください