【映画感想】「グラン・トリノ Gran Torino (2008)」- イーストウッドの愛すべき頑固ジジイっぷり

投稿日:2019年5月9日
最終更新日:2019年5月9日

評価: 9点/10点満点 ★★★★★★★★★☆

グラン・トリノ (字幕版)

あらすじ

クリント・イーストウッド監督・主演作。従軍経験を持つ元自動車工のウォルト・コワルスキーは偏屈な老人で、子供たちの関係も最悪。妻に先立たれ、愛車であるフォードの「グラン・トリノ」と愛犬と共に、孤独に暮らしていた。彼の隣家には、モン族の一家が暮らしている。最初は彼らを忌み嫌っていたウォルトだが、モン族の娘スーや、内向的な少年タオとの交流を通じて、徐々に心を開いていく。しかし、タオを仲間に引き入れようとする不良グループの嫌がらせがエスカレートし、やがて衝撃的な事件が起こる。

 

レビュー

笑っちゃうくらいの頑固ジジイっぷり

とにかく印象的なのが、クリント・イーストウッドの頑固ジジイっぷり。口を開けば文句・悪口・人種差別。しかし不思議と嫌悪感は無く、思わず笑ってしまうようなユーモアに溢れている。個人的に、散髪屋との親父とのやり取りが最高だった。とても子供に見せられないような悪口の応酬だが、その裏に感じる仲の良さが微笑ましくて、何度も繰り返し見たくなるシーンだった。

 

ウォルトのカッコ良さや人間臭さも魅力

朝鮮戦争の従軍経験があるだけあって、ウォルトのチンピラに対する凛とした態度はとてもかっこいい。指で銃の形をつくって撃つマネするシーンとか最高である。一方で、牧師に自分の長年の懺悔を打ち明けるシーンや、朝鮮戦争でのトラウマを語るシーンは人間臭さを感じて、じ~んと胸に来るものがある。まさに、笑いあり涙ありという言葉がぴったりな映画かなと。

ただ、不良達が一線を越えた時のシーンは少しエグくて、ちょっと嫌悪感を抱く人もいるかも。

 

終わりは寂しいけど、爽やか

個人的には、結末は少し悲しすぎた。でも、その後のシーンもユーモアに満ちており、ウォルトらしさを最後まで貫いた内容になっているので、哀愁溢れるエンドロールの歌と共に、爽やかな気持ちがこみあげてくる。ド派手なアクションシーンなどは無いが、しっかりとした脚本に裏打ちされた、いぶし銀のヒューマンドラマだった。

 

1+

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください