【Unity】BlenderでエクスポートしたfbxファイルをUnityに持ってきてテクスチャを反映させる(Unity実験室その3)

投稿日:2021年4月17日
最終更新日:2021年4月17日

BlenderでExportしたfbxファイルで3Dモデルを持ってきたが

前回ProBuilderで作成したステージにオリジナルキャラクターを歩かせてみようと思っている。

まずはBlenderで、以下のようにシロクマのキャラクターの3Dモデルを作成。…とサラッと書いたが、Blenderで3Dモデリングしたのは初めてなのでかなり大変だったが、その話はまた別の記事でまとめたいと思う。

作成した3Dモデルをfbx形式でエクスポートし、UnityのAssetsディレクトリ内にModelsというディレクトリをつくり、ドラッグ&ドロップでfbxをインポートしたのだが…

テクスチャ(モデルの表面の模様)が表示されない。今回はテクスチャの貼り方をメモしておく。

 

開発環境

Windows 10
Blender 2.83
Unity 2020.3.1.f1(LTS)

 

Extract Materialsでマテリアルを設定できるようにする

テクスチャを選択するには、まずモデルのマテリアルをExtract(抽出)して、任意の指定したフォルダから設定変更できるようにする。まずインポートしたfbxモデルを選択して、Materialsタブを開く。そこにExtract Materials…という項目があるのでクリック。(Materialの設定の詳細についてはUnityのマニュアルを参照)

するとマテリアルの抽出先を選択できる。どこでも良いが、わかりやすいようにfbxファイルを同じディレクトリを指定する。すると選択したディレクトリに抽出したマテリアルが追加される。

 

MaterialにBlenderのテクスチャ画像を設定

次に、Belnderで張り付けていたテクスチャの画像をUnityに持ってきてくる(場所はどこでも良いが、私はfbxファイルと同じフォルダにドラッグ&ドロップして置いた)。

最後に、抽出されたMaterialを選択して、InspectorのAlbedoにテクスチャの画像をドラッグ&ドロップすればテクスチャの貼りつけは完了。

試しにfbxモデルを置いてみると…

無事にテクスチャが貼られた。他にもテクスチャを貼る方法はありそうな気もするが、とりあえずやりたいことはできたので良かった。

1+

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください