【お酒の感想】一番搾り 糖質0 – 不思議な味だが軽くて苦みが少ないので好きな人は好きかも?

投稿日:2021年4月20日
最終更新日:2021年4月20日

満足度: 5点/10点満点 ★★★★★☆☆☆☆☆

 

概要

キリンが5年以上の歳月を費やし生み出した、日本初の糖質0ビール。

 

データ

製造元
 麒麟麦酒株式会社
原材料
 麦芽、ホップ、糖類
度 数
 4度
価 格
 200円程度

こちらがラベルの写真。

 

感想&レビュー

頂き物の糖質0ビール

最近話題の糖質0ビールを頂いたので、さっそくビールレビュー。ビールといえば糖質が…という人がハイボールに流れているような印象があったのだが、これで美味しければビールも巻き返しできるのでは?という気もしないでもない。ラベルは青色で爽やかな雰囲気。

グラスに注いでみると…ちょっと色が薄い。香りも普通の一番搾りよりもスッキリしている印象。

 

不思議な味だけども

さっそく飲んでみると…これはなんというか…不思議な味がする。一番に感じたのはビール特有のホップの香りとコク、そして苦みが少ないこと。普通のキリン一番搾りと比べると、少し水っぽいようなスッキリさがある。雑味とも少し違う、穀物っぽい味が強い。不味くはないんだけど、普段飲んでるビールとはかなり味の違いを感じた。

 

普通の一番搾りと飲み比べてみた

そもそも最近あまりビール自体飲んでなかったので、比較のために普通の一番搾りを続けて飲んでみた。

…うまぁーい!普段はあまり意識しなかったけど、糖質0のものと比べるとホップの香りと苦みがしっかりしていてコクがある。私はこっちの方が好きだな、やっぱり(笑)

まぁ糖質0ということで健康に気を使っている人には普通のビールよりは良いだろうし、苦みが少ないので普段ビールを飲まない人でも飲みやすいかもしれない。事実、普段ビールを飲まないうちの奥さんにも飲み比べてもらったところ、糖質0の方が苦みが少くて好きとのことだった。

普通のビールの味を期待して飲むと驚くかもしれないけど個人的には不味くはないし、一回くらいは飲んでみると話のネタにはなるかな~という印象のビールだった。

2+

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください