【お酒】キリンビール「一番搾り」と「一番搾り 超芳醇」を飲み比べてみる

投稿日:2021年11月8日
最終更新日:2021年11月8日

キリンビールの詰め合わせを頂いた

先日、奥さんの両親に麒麟ビールの詰め合わせを頂いた。私はビール大好きなのだが、最近は糖質とかプリン体とか気になるお年頃になってきたということもあり笑、自分では買わなかったため久しぶりのビール。これは非常に嬉しい。

普通の一番絞りに加えて限定醸造のものも入っている。今回は、せっかくなので普通の一番絞りとの比較をしてみる。すでにこのブログを書いている時点で普通の一番搾りを飲んでちょっと良い気分になっているので、これから「一番絞り 超芳醇」を飲んで違いを書いていきたいと思う。

まずはパッケージを比較。超芳醇はアルコール度数が高い

その前に、まずはパッケージの表示を確認。原材料は同じようだが、超芳醇の方のアルコール度数は6%で、普通の一番搾りより高め。度数が高いせいか、カロリーも超芳醇の方がやや高い。

パッケージを読む限りでは、普通の一番搾りより濃厚な感じなのかな。

超芳醇は濃厚だがスッキリした後味

超芳醇をグラスに注いでみると、定番の一番搾りよりやや色は濃いめ。香りはあまり変わらない。

早速飲んでみると、最初口に含んだ時の風味は飲み慣れた一番搾りと変わらないが、舌に残るようなとろみかあって濃厚。ただ、後味はしつこくなく、スッと苦味が引いていくので爽やかさもある。

飲んでみた印象としては、基本的には普通の一番搾りと同じような味ではあるが、濃厚さが増しているビールという印象。

個人的には濃厚なビールが好きなので、普通の一番搾りよりも好きな味だった。普段のビールよりちょっぴり濃厚なビールが飲みたい…という人に良さそう。

頂いた詰め合わせにはもう一種類、ギフト限定の「一番搾りプレミアム」というビールも入っていたので、こちらも飲んでみて普通の一番搾りとの比較をレビューしてみたい。

0

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください