【Android】現在の端末の音量を取得してSoundPoolの音量を設定する(スマートフォンでカップ麺タイマーをつくる4)【Kotlin】

投稿日:2021年2月20日
最終更新日:2021年2月20日

端末の音量を取得してSoundPoolの音量を設定

前回書いた記事で、SoundPoolでアラームの音を鳴らした。ただ、今の方法だと音の大きさをKotlinのコード中で手打ちで設定しており、スマートフォン端末で設定した音量と合っていない。これだと音量を0にしていても音が鳴ってしまってちょっと困るので、端末に設定している音量に従った音量で、SoundPoolの音量を設定するようにしてみる。

 

環境

開発PC環境

Windows 10
Android Studio 4.1.1

実行Android環境

機種:Xperia X Performance SOV33

Androidバージョン:7.0

 

オーディオファイル(mp3)の置き場所

まず、android.content.Contextをインポートする。

import android.content.Context

次に、以下のようにgetStreamVolumeで音量を取得するのだが、返り値はintになっている。SoundPoolのplayで指定するのは0.0f~1.0fのfloatなので、getStreamVolumeで現在の音量を、getStreamMaxVolumeで最大音量を取得してFloatに変換し、割ることで最大値に対する現在の音量の割合をfloatで算出してSoundPoolのplayで設定している。

val am = getSystemService(Context.AUDIO_SERVICE) as AudioManager
val alarmVol: Float = am.getStreamVolume(AudioManager.STREAM_RING).toFloat()
var alarmMaxVol: Float = am.getStreamMaxVolume(AudioManager.STREAM_RING).toFloat()
var setVol: Float = (alarmVol / alarmMaxVol).toFloat()
soundPool.play(soundAlarm, setVol, setVol, 0, 0, 1.0f)

もっと良い方法がありそうな気がするが、とりあえず今回はこれでデバイスの音量を設定することが出来た。

 

Kotlinのコードとレイアウト

上記のコードは以下のカップ麺タイマーのコードから引用している。

こちらがレイアウトのxml。レイアウトは前回の記事と変わっていない。

実行画面も前回と変わらないので省略するが、これでタイマーが0になったときにアラームで通知されるようになった。ただ、実装してから気づいたけどSoundPoolで音を鳴らすとスマホで設定した音量ではアラームが再生されず、あくまでSoundPool.playのrightVolumeとleftVolumeで設定した音量でされてしまう。

これだと音量を小さく設定していても大きな音でアラームが鳴ってしまってちょっと困るので、次回は現在のスマホの設定ボリュームを取得して、その値をrightVolume/leftVolumeに設定するようにコードを変えてみたいと思う。

 

参考文献

今回は以下のサイトを参考にさせて頂きましたm(_ _)m

AudioManager | Android デベロッパー | Android Developers

ANDROIDの音量を設定する

 

Androidアプリをつくって遊ぼう日記まとめ

以下にAndoirdアプリで遊んでみた軌跡を残しています。興味があればのぞいてみてください。

【Android】Androidアプリをつくって遊ぼう日記

0

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください