【映画】ゴースト・イン・ザ・シェル Ghost in the Shell (2017)

投稿日:2018年9月2日

満足度: 3点/10点満点 ★★★☆☆☆☆☆☆☆

ゴースト・イン・ザ・シェル (字幕版)

(※結末についてネタバレはありませんが、映画内のいくつかのシーンについて触れてます)

あらすじ

日本の人気漫画であり、アニメ化もされている「攻殻機動隊」をハリウッドで実写化した映画。

 

感想

昔観たアニメ版が面白かったので観てみたけど……正直「なんだこりゃ」という感じ。キャストは無理矢理原作のキャラに合わせました、という感じで違和感がすごい。

下手に原作を知ってるからかもしれないけど、原作知らない人でも登場人物を観て「カッコいい」とは思わないだろう。作品のサイバーパンク感が中途半端なので、謎のコスプレ軍団のように見える。俳優さんのせいとは言わないが……衣装のせいか?

特にひどいと思ったのが荒巻役のビートたけしとトグサ役の俳優さん。昔のたけしさんの演技は好きだったけど、最近ちょっと滑舌ひどいので、俳優業は苦しくなってきた気がする。トグサの髪形は実写で似合う俳優さんはいないと思うので、もっと自然にアレンジして欲しかったなぁ。

アクションも動きがギクシャクしているような印象を受けたシーンがチラホラあり、レベルが高いとは言えない。スカーレット・ヨハンソンの裸体スーツ姿の戦闘シーンも、なんか間抜けだったし。

攻殻機動隊の世界観をもとに、全く別のオリジナルキャラクターで映画作った方が良かったのでは?中途半端に寄せようとしてスベッてる感じ。

ただ、BGMとCGの背景は出来が良くて、その点だけは良かった。原作のファンであればネタとして観てもいいかも……。

0

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください