【映画感想】オデッセイ The Martian (2015)

投稿日:2018年6月17日
最終更新日:2019年5月7日

満足度: 7点/10点満点 ★★★★★★★☆☆☆

オデッセイ(字幕版)

(※結末についてネタバレはありませんが、映画内のいくつかのシーンについて触れてます)

あらすじ

宇宙飛行士のマーク・ワトニーは火星探査計画にクルーとして参加していた。
任務中、巨大砂嵐により火星からの退避が決定されるが、退避中に折れたアンテナがマークに直撃し、マークは行方不明になる。他のクルーはマークが死んだと判断、火星を脱出した。

ところが、マークは生きていた。火星に一人取り残されてしまったことを知り、残された資源と科学的知識を武器に、何とか火星で生き延びようとする……。

 

感想

まず、宇宙や火星の描写が綺麗で、無重力空間でのサバイバル風景の映像は、単純に眺めているだけでも面白い。映画中はあまり悲壮感が無く、むしろサバイバルをエンジョイしているような雰囲気。

主演のマット・デイモンは神経が図太いイメージがあるので、この配役はなかなか良かった。ジョークもウィットに富んでいて、聞いていて楽しい。船長のディスコ音楽のくだりとか。Amazonの感想で「宇宙版DASH村」とか書かれていたが、言いえて妙だと思う(笑)

ただ、後半で中国が絡んでくるのがどうも不自然な気がする。世界的なプロジェクトだし、力を示す機会ではあると思えば辻褄は合うっちゃ合うけど……。ハリウッドで最近ありがちな、チャイナマネーの力なのか? と少し勘ぐってしまった。

結末は、あまり意外性は無かったが綺麗にまとめたなという印象。なかなか面白い映画だったけど、個人的には少し中だるみ感があったので、2時間程度にまとめて欲しかったかも。宇宙が好きでシャレが効いた映画が好きな人なら気に入るはず。

0

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください