【映画感想】聖の青春 (2016)

投稿日:2017年2月24日
最終更新日:2019年5月7日

満足度:★★★★★★★☆☆☆ 7点/10点満点

聖の青春

(※結末についてネタバレはありませんが、映画内のいくつかのシーンについて触れてます)

あらすじ

29歳の若さでこの世を去った将棋棋士、森山聖の生涯を描いた映画。

 

感想

将棋の映画というより人生ドラマに重点を置いた映画なので、あまり将棋に詳しくなくても楽しめた。松山ケンイチの役作りもさることながら、ライバルの羽生さん役もなかなか特徴的とらえてたと思う。他の登場人物もキャラが立っている。

ただ、たまに演出過多気味の場面があって「あ、ここは少し盛ってるな」と思う部分はあった。映画として成り立たせるためにはしょうがないかもしれないが。個人的にはもっと淡々とラストまでもっていった方が映画の題材や雰囲気に合っていた気がする。

とはいえ、森山聖が髪や爪をなかなか切ろうとしなかった理由は「なるほとなぁ」と思ったし、ラストはしっかり感動できる展開だった。

0

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください