【映画感想】パラノーマル・アクティビティ2 Paranormal Activity 2(2010)

投稿日:2016年11月8日
最終更新日:2019年5月7日

満足度: 6点/10点満点 ★★★★★★☆☆☆☆

パラノーマル・アクティビティ2(吹替版)

(※結末についてネタバレはありませんが、映画内のいくつかのシーンについて触れてます)

あらすじ

大ヒットしたパラノーマル・アクティビティの二作目。超常現象に苦しめられる家族の様子がホームビデオ風の映像で描かれる。

 

感想

前作に比べて新鮮さは薄れたけど、リアリティのある怖さは健在。勝手におもちゃが動くのとかベタだけど怖い。逆に派手に驚かそうとする演出は、わざとらしくてあまり怖くなかったりする。ここらへんのさじ加減って難しいけど、まぁまぁうまくやっていた気はする。

個人的に印象的だったのは、いち早く異常を察知したメキシコ人?家政婦のおばちゃんの扱いがかわいそうだったことかな(笑)まぁ後半でおばちゃんも活躍したけども。前作よりも早い段階で怪奇現象がバンバン起こっていた印象。現象を引き起こしている悪霊も豪快になってきていて、このあたりの演出を雑になったと感じるかどうかは人によるかな。私はそこまで雑とは感じなかった。

今回は犬が加わっていて、何もないところに吠える演出とかはリアル。でも動物がからむ撮影は大変だっただろうなぁとも思う。前作に引き続いて観たけど、続編も普通に楽しめた。前作の謎も解ける構成になっているし、ラストも前作とうまくリンクさせていて悪くない。

ただ、前作から続いてみたので雰囲気に慣れたってことと、登場人物が家族連れだったため、前作に比べて人数が多い点で怖さは少し薄れたかな。また、完全に映画化をテンプレート化して続編を作っているから目新しい点はない。強いて言えば暗視カメラが導入されたくらいかな。続編も観る予定。

0

投稿者: wakky

映画と旅行が大好きなエンジニア。お酒、ゲーム、読書も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください